SAUNA&co.

正しく入る。正しく生きる。

サウナVS岩盤浴!サウナと岩盤浴一体なにが違うの?

約6分
サウナVS岩盤浴!サウナと岩盤浴一体なにが違うの?

体を温め汗をかいて、クールダウン、また汗をかく
サウナと岩盤浴、こうして流れを文字にすると似ている部分が多いですよね。

一体サウナと岩盤浴は何が違うのでしょうか?

この記事では、サウナと岩盤浴の違いについて解説します。

「サウナと岩盤浴を違いが知りたい」
「サウナと岩盤浴の違いを語れるようになりたい」
「サウナと岩盤浴、どっちにいくか迷っている」

そんな方におすすめの記事です。

現在サウナー歴7年目に突入した私ですが
サウナの前は、大の岩盤浴好きで休日はひとりでお気に入りの施設に足を伸ばしていました。
安く岩盤浴に入れるのが理由で、温浴施設でアルバイトしていた経験もあるほどです…!

最後まで読めば、サウナと岩盤浴の違いを語れるようになりますよ!
ぜひ一緒に、サウナVS岩盤浴の勝敗を見届けましょう!

そもそも岩盤浴ってなに?

岩盤浴とは、温められた天然鉱石の上に寝転び、体を内側から温める温浴方法

主にデトックス効果美肌効果が期待できると言われていますが、
使用される天然鉱石の種類によって、違った効果効能を楽しむことができます

女性にはもちろん人気ですが、男性の利用も多いです。
カップルでの利用はもちろんのこと、男性友人同士で利用する方もいるほど!

岩盤浴コーナーは少々照明を落としているところが多く、(もちろん施設によって異なりますが)
男性女性問わず、ひとりでも安心して利用できるのも魅力です。

サウナと岩盤浴の「特徴」の違い

似ている部分も多いサウナと岩盤浴。
それぞれの特徴を見ていくと、違った部分も数多く存在します。

一体サウナと岩盤浴はどんな部分が違うのでしょうか?
それぞれの特徴を解説します。

【サウナの特徴】

80100
612分前後入る
・体の表面が熱される
・サウナ後は水風呂外気浴
・裸でタオル必須

【岩盤浴の特徴】

40~50
2030分前後入る
・体の内側から温まる
・岩盤浴後は冷室休憩
・岩盤浴着を着て、岩盤マットが必須

それぞれの大きな特徴を比べ、まとめると…

  1. サウナより岩盤浴の方が、温度が低く、長く入る
  2. サウナは表面・岩盤浴は内側が熱される
  3. 汗をかいた後の行動が違う
  4. 裸か服を着るか

4つの違いを見つけることができます。
特徴の違いによって、どんな違いが生まれるのでしょうか?

サウナと岩盤浴、結局大きな違いはなに?

サウナと岩盤浴の大きな違いは2つ。

ひとつめは、汗の種類が違うこと。
ふたつめは、体への効果が違うこと。

この違いを知れれば、サウナと岩盤浴と違いを語れるようになりますよ!
どんな違いがあるのかみていきましょう!

①汗の種類が違う

サウナと岩盤浴、汗が出るところが異なるため「汗の種類」が異なります。

サウナでかく汗は、「汗腺」から出され、べたっどろっとしています
サウナ熱で「汗腺」が開き、毛穴にある汚れが汗と一緒に出てくるためです。

一方で、岩盤浴でかく汗は「皮脂腺」から出され、さらさらとしています

岩盤浴は、天然石から発生する「遠赤外線」の効果で、体の芯から温まり汗が出ます。
体が内側から温まると皮脂腺が開き、体の中の毒素や老廃物も一緒に体の外に出てきてくれます。

皮脂腺は、日常生活だけではなかなか開くことができません。
岩盤浴に「デトックス効果」が期待できるのは、皮脂腺が開くためです。

つまり、

  1. サウナに入ると、熱の効果で「汗腺」が開き、毛穴がきれいになる
  2. 岩盤浴に入ると、遠赤外線の効果で「皮脂腺」が開き、体内の毒素・老廃物がデトックスされる

サウナと岩盤浴、汗の種類が違うことで、体の汚れがきれいになる部分が異なります。

②体への効果が違う

サウナと岩盤浴、汗をかき休憩…という流れは一緒ですが期待できる効果が異なります。

サウナは、血管の動きを急激に<拡張→収縮>させることで、自律神経のバランスがととのい

  1. ストレス解消
  2. 脳疲労の解消
  3. 体の疲労が解消
  4. 睡眠改善

などの様々な効果が期待できます。

一方で、岩盤浴は体を内側から温めることで、新陳代謝を活性化させます。
新陳代謝とは、体内の古いものを新しいものに入れ替えること。

つまり、新陳代謝が活性化すると、体の古いものがどんどん新しいものへと入れ替わります。
「岩盤浴は美肌効果が期待できる」と言われるのは、新陳代謝が活性化するためです!

また、岩盤浴は冷え性改善にも期待できます。
体を内側から温めることで、内臓の動きが活性化され、全身に血液が行き渡るからです。

まとめると…

  1. サウナに入ると自律神経がととのい、体と心もリフレッシュできる
  2. 岩盤浴に入ると新陳代謝が活性化し、体内の古いものが新しいものへ入れ替わる(肌や髪の毛)

それぞれ、体に期待できる効果と効能が異なることが分かります!

サウナと岩盤浴のメリット・デメリット

サウナと岩盤浴の違いは理解できましたか?
ここでは、サウナも岩盤浴も両方経験したこともある私がそれぞれのメリットとデメリットを解説します。

「サウナと岩盤浴どっちに行こう?」
そんな風にお困りの方は参考にしてくださいね!

①サウナとメリット・デメリット

【メリット】
・自律神経がととのう
・裸で開放感を味わえる
・汗をかいてもすぐに流せる
・岩盤浴よりもリーズナブル

【デメリット】
・カップルで利用できないことが多い
・サウナ室内で寝っ転がれない
・熱で髪の毛や頭皮が痛む
TVの音が気になることがある

②岩盤浴のメリット・デメリット

【メリット】
・体を内側から温められる(冷え症にも効く)
・美肌効果の期待が高まる
・思う存分寝っ転がれる
・カップルで利用できる!デートOK
・静かな音楽が流れている施設が多い

【デメリット】
・汗で岩盤浴着が濡れ、不快に感じることがある
・長時間休憩すると、汗で体がひえる
・すぐに汗を流せない
・サウナに比べて利用料金が高い
・隣の人のいびきが気になることがある

サウナVS岩盤浴結果はどっち?

サウナと岩盤浴、2つの大きな違いは、

  1. 汗のかき方
  2. 体への期待できる効果

でした。

サウナも岩盤浴も体が健康に近づく温浴方法であることは、間違いありません!

  • どんな汗をかきたいか
  • 体にどんな効果をもたらしたいか

「目的」の違いでサウナと岩盤浴を選ぶのがおすすめです。

サウナにも岩盤浴にも、それぞれ良い面と、「うーん」と感じる場面があります。
つまりどっちが良いか、どっちが好きかは人それぞれ。

「サウナと岩盤浴、どちらか片方しか経験したことがない」という方は一度試してみてください。
サウナVS岩盤浴、勝敗を決めるのはあなた自身ですよ!

(…ちなみに私はサウナの勝利です)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE