SAUNA&co.

正しく入る。正しく生きる。

サウナは脳内麻薬!?依存性・危険性はないのか徹底解説

約5分
サウナは脳内麻薬!?依存性・危険性はないのか徹底解説

サウナは脳内麻薬・合法麻薬とも言われることがあります。これは一体どういった理由からなのでしょうか。

今回の記事では、サウナが合法麻薬などと呼ばれる理由や、サウナに入ると脳内でどのようなことが起こるか、依存性・危険性はないのかなどを詳しく解説していきます。

サウナが好きな方もそうでない方も、ぜひ参考にしてみてください。

「サウナトランス」とは

サウナトランスとは、サウナーがよく言う「ととのう」のことです。

熱いサウナ室と冷たい水風呂に交互に入ることで、血液の流れが良くなり脳内が活性化され、トランスしたような状態になることを指します。

サウナに入るとトランスしたような状態になることから、サウナは脳内麻薬・合法麻薬とも言われたりします。

サウナーのバイブルともいうべき漫画『サ道〜漫画で読むサウナ道〜(1)』においても、以下のように記されています。

サウナと水風呂を何度か往復したら
身体をタオルでよく拭いて
イスに深く腰かけたりベンチに寝たりして休憩する
サウナの醍醐味はここからである
じーんと体がしびれてきて
ディープリラックスの状態がやってくる
血液が身体中を駆け巡り脳に酸素がゆきわたる
やがて多幸感…
サウナトランス
ととのったぁあああああ

日常的に「ととのい」を求めてサウナに通う人からは、「ふわふわするような感覚」「頭がぼーっとして何も考えられなくなる」「とにかく気持ちが良いという感覚に包まれる」といった感想もよく聞きます。

確かに、これらを読んでいるとなんだか怪しそうな気もしますね。

医学的な観点からの「ととのう」とは

医学博士で国際医療福祉大学病院内科学教授の一石英一郎氏によると、サウナ浴中には以下の3つの脳内物質は分泌されるとのことです。

  • β-エンドルフィン
  • オキシトシン
  • セロトニン

β-エンドルフィンには、痛み止めなどとしても利用されるモルヒネのような効果があり、鎮痛作用や不安軽減作用があるとのことです。オキシトシンはストレスを和らげて幸せな気持ちにさせる効果があり、セロトニンには精神を落ち着けてうつ状態を緩和する効果があるそうです。

脳内物質の分泌が直接的な脳内の気持ちよさにつながるかどうかは研究段階とのことですが、実際に身体に対しては良い影響が認められています。これらの脳内物質が分泌されることによって、中枢神経や自律神経系に作用し、不眠の解消やストレス解消などにも寄与することがわかっています。

危険性はないの?

「トランス状態に近くなる」「脳内物質が分泌される」などと聞くとますます怪しそうな印象を受けてしまいますが、当然ながらサウナは麻薬・ドラッグなどとは違い、体に直接悪影響を与えるものではありません。サウナの爽快感やリラックス感から毎日サウナに通ってしまう人はいますが、サウナそのものに危険な依存性があるわけでもないでしょう。

継続してサウナに入ることで、以下のようなメリットも期待できます。

  • 代謝が上がる
  • 自律神経が整う
  • 疲労感が軽減される
  • ストレスが解消される
  • 肩こり・筋肉痛が和らぐ
  • 皮脂腺や汗腺がきれいになる
  • 血圧が低下する
  • 心機能が高まる

毎日サウナに入ってもいいの?

上記のように、基本的にサウナは健康のために良いものです。「健康に良いなら毎日サウナに入ろう!」と思う人もいるかもしれませんが、毎日サウナに入る場合は以下のことに気をつけてください。

  • 体調の悪い日はサウナを避ける
  • 自分のルーティーンにこだわりすぎない
  • 髪の毛や肌をしっかりケアする
  • お財布と相談する

まずは、自分の体調に気をつけましょう。体調が優れない日はサウナを避けるのは当然です。

多少の体調不良ならサウナで治る、と思って我慢する人もまれにいますが、最悪サウナで倒れてしまうことにもなりかねません。体調が悪いときはもちろんのこと、サウナに入っていて具合が悪くなりそうな場合もすぐにサウナを切り上げましょう。

また、体調が悪くなくてもその日のコンディションに合わせてサウナのルーティーンを変えるのも大事です。自分の体の声に耳を傾けながら、最適な入り方を模索すると良いでしょう。

加えて、毎日サウナに入る場合はどうしても髪の毛や肌が傷みやすくなります。特にドライサウナでは乾燥しやすいため、サウナ後の保湿を丁寧にしましょう。面倒に感じるかもしれませんが、少しの手間で髪の毛や肌への負担が大きく軽減されます。

最後に、毎日サウナ施設に通うのであれば、金銭面も注意が必要です。銭湯サウナであれば1回数百円ですが、毎日入るとなると大きな出費となります。スポーツジムに併設されたサウナを利用する、思い切って自宅にサウナを作ってしまう、といった解決をする人もまれにいるようです。

このように、サウナに毎日通うためにはいくつか気をつけたいことが存在します。基本的にサウナは体に良いものですが、入りすぎて体に悪影響がないように気をつけましょう。

まとめ

今回は、サウナが合法麻薬・脳内麻薬などと呼ばれる理由や、毎日サウナに入る際の注意点などを紹介しました。

サウナのあまりの気持ちよさに「入りすぎるとまずいのでは…?」と感じるかもしれませんが、サウナ自体に危険性や依存性はほぼありません。

自分に合った楽しみ方をする分には大丈夫なので、無理のない範囲でサウナを楽しみましょう!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE