SAUNA&co.

正しく入る。正しく生きる。

サウナ室「どこ」に座るのが正解?サウナ室で一番熱い場所はココだった!

約7分
サウナ室「どこ」に座るのが正解?サウナ室で一番熱い場所はココだった!

どんなサウナ室もまずは「下段」から座る、ライターのはせがわです。

みなさんはサウナ室に入ったらまず「どこ」に座りますか?
上段?中段?それとも入り口近くの下段?

みなさんそれぞれ「好み」があると思います。

サウナ室は「どこ」に座るのが一番いいのでしょうか?
また、最も熱くなる場所はどこなのでしょうか?

今回は「サウナ室の座る場所」についてお話しようと思います。

上段と下段で「20度」差がある場合も…

サウナ室の中で一番熱い場所、それは上段です。
熱は高いところに集まりやすいため、天井に一番近い上段ということになります。

一方、もっとも温度がゆるやかな場所は、下段です。
「初心者はまず下段へ」と言われるのは、温度がゆるやかで初心者にはぴったりの場所だからです。

上段と下段の温度差は「10度」と言われています。
ちょっとびっくりしますよね!

3段のタワー型サウナの場合、

上段が100度であれば、中段は90度下段は80度となります。
つまり、3段のタワー型サウナならば、上段と下段で「20度」も温度差があるということです。

サウナ室の中で最も熱いポイントは…?

最も熱い上段の中でも、特に熱いポイントがあります。
それは熱源の正面です。

遠赤外線ストーブを使用したタワー型サウナの場合は、サウナストーブの正面。
つまり、上段の中でもストーブ正面の位置が最も熱いポイントです。

サウナストーンが高く積み上げられた、「ロウリュサウナ」が最近は主流ですよね。
ロウリュサウナの場合は、上段のサウナストーブに一番近い位置が、最も熱いポイントです。

上段の中でも「熱源の位置」で温度差が出ます。
どの位置が一番熱を感じやすいか、座り比べをしてみるのも面白いかもしれませんね。

下段・中段・上段…結局どこに座ったらいい?

◻︎サウナ初心者の方
◻︎熱さが苦手な方
◻︎じっくりゆっくり温まりたい方

当てはまった方は【下段】に座るのがおすすめです。
下段の中でも【入り口近く】は、外気が入りやすく、温度が低め。

サウナはチャレンジしてみたいけど、どうしても熱いのが苦手…という方はぜひ、入り口近くからスタートしてみてください。

◻︎サウナの熱さに慣れてきた方
◻︎程よい熱さが好みの方

当てはまった方は【中段】にぜひ座ってみましょう!
下段とは違った熱さを感じられるはずです!

◻︎アツアツのサウナが好きな方
◻︎下段・中段だと物足りないなーと感じる方
◻︎サウナの熱に慣れてきた方
当てはまった方は【上段】にぜひチャレンジしてみてください!
下段・中段では感じられなかった「熱」を感じられるはず。ただし、無理は禁物です。

どうやって座るのがベスト?注意点は?

座り場所が決まったら、座り方やサウナアイテムも工夫してみましょう!

①おすすめの座り方

お気に入りの座り場所が決まったら、「体育座り」や「あぐら」で座るのがおすすめです。
イスに腰かけるように座ると、身体のあたたまり具合にムラができやすいからです。

サウナ室から出た後に、顔はしっかり熱いけど、足の指先はまだそこまでだったな…と感じた経験ありませんか。
それは、顔と足元の温度が違うからです。

上段と下段では10度の差があります。
イスに腰かけるように座ってサウナに入ると、顔と足元に「高低差」が生まれるので、身体のあたたまり具合にムラができてしまうのです。

しかし、体育座りやあぐらの状態であれば、顔と足元に高低差が生まれにくくなります

身体全体がしっかり温まると、その後の水風呂・外気浴がより気持ちよく感じられるはず。
特に女性は足元が冷えやすいので、体育座りで足先までしっかり温めましょう!

②上段にチャレンジするならサウナハットを用意!

熱は高いところに集まります。
「サウナ室は上段に行くほど熱い」と言われるのはそのためです。

特に日本のサウナは「タワー型」と呼ばれるサウナ室が多く、上段と下段の温度差がはっきりしているのが特徴です。
そのため上段に行けば行くほど、頭に熱がこもりやすくなります。
熱から「のぼせ」や「頭皮や髪」を守ってくれるのが「サウナハット」です。

サウナハットがあるだけで、いつもよりもサウナ室にも長く滞在できるかもしれません!
ぜひサウナハットを被って上段にチャレンジしてみましょう。

③無理は禁物!

下段から上段へいってみるとよく分かるのですが、熱さの感じ方がまるで違います。
想像をはるかに超える「熱」を感じる場合も。(わたしも何度も経験したことがあります…)

そのため、絶対に無理は禁物です。

上段に座ってみて「きついな」と感じたら、すぐに場所を変えましょう。
一度外に出て十分な休息を取ることも大切です。

サウナの熱は想像しているよりも危険。
無理をすれば、脱水症状などを引き起こしかねません。

決して無理のない範囲で上段へチャレンジしてみてください。

「快適」と思う場所に座るのが一番!

私はサウナ歴7年になりますが、どんなサウナにいってもほとんど上段には座りません。
下段のマイルドな温度でゆっくり身体をあたため、リラックスする時間が好きだからです。

もちろん「アツアツが好き」で上段に座る方もいると思います。
つまり、どこに座るべきなのかは、「自分が心地いい場所」を選べばそれで正解なのです。

ぜひ、自分にあった温度の場所でサウナを楽しんでください!

参考文献

①加藤容崇著,『医師が教えるサウナの教科書』,ダイヤモンド社,20203月,70ページ『サウナ室の温度は場所によって違う』

②『サウナ for ビギナーズ 2022』,晋遊舎,2022年1月26日,26ページ『サウナは温度、照明、座る位置で「ととのいやすさ」が変わる!』

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE